欧米の人権団体、五輪に向け日本を注視

2017/5/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 日本企業が人権リスクに向き合う背景には、強制労働を監視する法令が近年、欧米で施行されたことに加え、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて人権団体が日本の動向に注目し始めていることがある。

 12年施行の米カリフォルニア州サプライチェーン透明法は、同州に進出している小売業などに対し、強制労働や人身取引の根絶に務めている内容を消費者に開示することを義務付けた。15年に施行された英国の現代奴隷法も…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

石田寛人権団体

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報