/

この記事は会員限定です

欧米の人権団体、五輪に向け日本を注視

[有料会員限定]

日本企業が人権リスクに向き合う背景には、強制労働を監視する法令が近年、欧米で施行されたことに加え、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて人権団体が日本の動向に注目し始めていることがある。

12年施行の米カリフォルニア州サプライチェーン透明法は、同州に進出している小売業などに対し、強制労働や人身取引の根絶に務めている内容を消費者に開示することを義務付けた。15年に施行された英国の現代奴隷法も、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り440文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン