/

この記事は会員限定です

餌に毒、マングース駆除

環境省奄美大島で取り組み

[有料会員限定]

環境省は奄美大島(鹿児島県)に生息する外来種のマングースを、毒の入った餌で駆除する取り組みを始めた。ワナの設置や探索用の犬を使った捕獲が難しい一部地域で5月末まで実施する予定で、効果を見極める。マングースを対象とした薬剤を使う化学的な防除は今回が初めてとなる。

鶏のミンチ肉に殺鼠(さっそ)剤に使われている薬剤を混ぜてソーセージ状にした餌を特別に作った。今月11日から3個ずつ、計67カ所に置いた。島...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り359文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン