産学連携によるイノベーション創出(4)大学間で実績の格差拡大 神戸大学教授 坂井貴行

2017/5/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本の産学連携はうまくいっていないと見る向きが多いようです。地方大学にはいい技術がなく、地方では産学連携は進まないという人もいます。本当にそうでしょうか。

文部科学省によると、2015度の大学と民間企業の共同研究件数は2万821件(前年度比9.2%増)、共同研究受け入れ金額は約467億円(同12.3%増)で、着実に増加しています。また特許に関しても、特許出願数は横ばいですが、ライセンス件数は1万…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]