/

この記事は会員限定です

ロボで認知症見守り 生活革命がシステム

IoT使い負担軽減

[有料会員限定]

ヒト型ロボットを使ったイベントの企画・運営を手がける生活革命(さいたま市)は、認知症患者らの徘徊(はいかい)防止に役立つシステムを開発した。ベッドでの異変を介護者がウエアラブル端末で即座に把握できるほか、ロボットによる声かけで「予防」する機能もある。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」技術を使いながら人手不足が深刻な介護現場の負担軽減をめざす。

新しいシステムは栃木県の電子機器製造会社のアール...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り851文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン