/

この記事は会員限定です

米、法人税15%に下げ 政権が税改革案公表

規模・財源は先送り

[有料会員限定]

【ワシントン=河浪武史】トランプ米政権は26日、大型税制改革の基本方針を公表した。連邦法人税率を35%から15%へと大幅に下げることが柱で「過去最大の減税案」(ムニューシン財務長官)となる。輸出を免税して輸入を課税強化する「法人税の国境調整」は現段階で導入を見送った。ただ、減税規模や財源などは公表を先送りしたため、議会との交渉が難航する恐れもある。(関連記事総合面に

ムニューシン財務長官とコーン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1000文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン