「教祖」にならう米ETF 著名ファンド保有銘柄で構成

2017/4/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「教祖」と呼ばれるヘッジファンドの知恵を株式銘柄選別に取り入れた上場投資信託(ETF)が米国で脚光を浴びている。その名も「GURU(グル)」。2012年6月にニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場して以来、年率14%の総収益率を確保しており、好調なパフォーマンスと、手数料の低さが人気の背景だ。

このETFはETF開発・運用会社のグローバルXマネジメントが運用する。ドイツのインデックス開発会社ソ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]