/

この記事は会員限定です

日ロ経済協力で20の覚書 首脳会談で合意へ

都市開発と医療を軸に 北方四島の共同活動で調査団

[有料会員限定]

安倍晋三首相が27日にロシアのプーチン大統領と開く首脳会談で合意する官民の経済協力の概要が明らかになった。日本の先進的なIT(情報技術)を使った交通渋滞の緩和や三井物産とロシア製薬大手の資本提携など、官民合わせて約20の覚書を結ぶ。都市開発や医療分野でも日本企業のロシア進出を活発化すると同時に、経済協力を深めて北方領土交渉の環境を整えたい考えだ。

安倍首相は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り863文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン