/

この記事は会員限定です

膨大な南画、独創生む

「没後90年萬鐵五郎展」

[有料会員限定]

萬(よろず)鐵五郎(1885~1927年)はポスト印象派やフォービズム(野獣派)、キュービズムの影響を受けた近代日本の画家――。実はそんな教科書的な解説には収まりきれない画家だと痛感したのは、萬の故郷、岩手県花巻市の萬鉄五郎記念美術館と盛岡市の岩手県立美術館が初めて共同開催中の「没後90年 萬鐵五郎展」を見たからだ。

2館の会場で合わせて600点超を出品。中でも記念美術館でまとめて展示している膨大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り552文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン