/

この記事は会員限定です

広島大、教員に達成度指標

世界ランクトップ100入り狙う 論文数・人材育成、チャートで明示

[有料会員限定]

世界大学ランキングでの順位向上を目指し、広島大が導入した教員の個人業績指標が注目を集めている。トップ100校入りに必要な5つの要素ごとに、一人ひとりの目標達成度を数値で表して「見える化」した。日本の大学の国際順位が低迷する中、画期的な取り組みと評価する声がある一方、教員の戸惑いや反発は強く、現場に浸透するかどうかは見通せない。

広大の教職員が業務で使うポータルサイト。トップページのボタンを押すと、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1076文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン