/

この記事は会員限定です

産学連携によるイノベーション創出(1)米国の新事業・雇用増加に貢献

神戸大学教授 坂井貴行

[有料会員限定]

いまや日本人の2人に1人ががんになるといわれますが、がん治療を変える革命的な薬として世界から注目されているのが、免疫機能を高めてがん細胞を攻撃する免疫治療薬オプジーボです。オプジーボは京都大学の本庶佑名誉教授らの研究チームと小野薬品工業との産学連携によって、およそ15年もの歳月を費やして実用化されたものです。

産学連携とは新技術の研究開発や新事業の創出を目的に、大学や公的研究機関(学)と民間企業(産)が連携す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り662文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン