/

この記事は会員限定です

再配達抑制、知恵お届け 中小・VB、宅配網維持に商機

ナスタ、既設戸建てにボックス/トレイル、ソフト使い在宅確認

[有料会員限定]

深刻な人手不足で宅配網の維持が困難になりつつある中、中小・ベンチャー企業(VB)が既設の戸建て用に格安の宅配ボックスを考案したり、宅配会社の担当者が受取人の在宅を事前に確認できるソフトを開発したりしている。全体の約2割を占める再配達の抑制に知恵を絞る。シェアリング(共有)ビジネスの発想で配達員の負荷を軽減する試みも始まった。

ポスト製造大手のナスタ(東京・港、笹川順平社長)は全国に2600万戸以上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り907文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン