/

この記事は会員限定です

IoTで訪日客おもてなし 国の事業、釧路で実証実験

[有料会員限定]

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を活用する国のおもてなし実証事業「釧路市ストレスフリーサポート事業」の第1回会合が21日、同市で開かれた。

総合制作会社の博報堂プロダクツ(東京・江東)などが参加、外国人旅行者が来訪、滞在する際の移動や飲食、買い物をストレスなくできるよう多言語での商品案内やキャッシュレス決済などの実験をする。道内自治体では初めてで、7月中旬から本格的に始める。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り194文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン