アパレル、消費者の好み反映 ストライプ、ネットで受注生産

2017/4/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 アパレル業界が長年の課題だった過剰在庫の解消を進める。カジュアル衣料大手のストライプインターナショナル(岡山市)は自社サイト経由で受注生産を始め、従来の見込み生産で生じていた無駄な在庫を減らす。最大手「ユニクロ」も納期短縮で店舗などに滞留する在庫を圧縮。在庫処分の過剰なセールをなくして採算を改善し、消費者の好みを迅速に商品に反映する効果も狙う。

 ストライプは20~30代の女性向けブランド「イェッ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 12:22
2:00
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 2:00
20日 22:00
東海 13:30
13:00
北陸 20日 21:30
20日 21:30
関西 14:00
11:30
中国 2:00
2:00
四国 1:31
1:31
九州
沖縄
12:30
11:47

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報