/

この記事は会員限定です

1票の格差、専門家はこう見る 増山幹高・政策研究大学院大教授

小選挙区数 増加も検討を

[有料会員限定]

最高裁の「違憲状態」という判断を踏まえ、「0増6減」などで「1票の格差」を2倍未満にしようと区割りを見直したことは評価する。だが、2020年国勢調査をもとにアダムズ方式を導入してからも、人口移動にあわせて2倍を超えないように細かく区割り改定を繰り返すことになる。

区割りをする限り、1票の格差は出る。ぴったり一致させるために市町村の境界をすべて無視して区割りを決めるのは非現実的だからだ。選挙管理のコ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り253文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン