筑波大がアリーナ新設へ 20年めど、7000~8000人収容

2017/4/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 筑波大が東京五輪・パラリンピックの開かれる2020年をメドに、7千~8千人収容可能なアリーナの建設を検討していることが分かった。建築費は50億~100億円程度を見込み、建設や管理・運営のための特別目的会社(SPC)を設置。民間資金や金融機関からの出資、国からの補助金で財源を確保し、収益をあげられる施設を目指す。SPCの公募は早ければ今夏にも行う。

 アリーナは、つくばエクスプレス(TX)つくば駅か…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 10:29
2:00
東北 2:00
2:00
関東 18:16
16:18
東京 22:00
2:00
信越 2:00
2:00
東海 21:43
21:39
北陸 9:46
2:00
関西 17:00
13:30
中国 2:00
2:00
四国 11:30
2:00
九州
沖縄
21:21
21:13

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報