/

この記事は会員限定です

スルメイカ不漁、道南経済に影

価格高騰、加工業者に打撃

[有料会員限定]

スルメイカの不漁で道南のイカ加工業者が打撃を受けている。2016年度の函館市の市場での取扱量は5年前の半分以下に落ち込み、取引価格は前の年度に比べて6割高と高騰した。流通量の減少と価格上昇は加工業者の減産と収益圧迫の要因となっている。道南経済で大きなウエートを占めるイカ加工業の不振は地域に影を落としている。

「現在の加工作業は午前で終わり、午後は休業」。スルメ製造のカネキン高松水産(松前町)の高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1031文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません