/

この記事は会員限定です

駅に水素自給設備

JR武蔵溝ノ口 電気と温水供給

[有料会員限定]

JR東日本は南武線の武蔵溝ノ口駅(川崎市高津区)に水素の自給設備を設け、17日に運用を始めた。太陽光発電の電気を使い、水を電気分解することで水素を製造。タンクに貯蔵した水素は必要時に燃料電池で酸素と反応させて発電し、電気と温水を供給する。通常は駅構内の照明などに電気を使用。災害発生などで停電した場合も電気と水を供給できる。

同社が駅に水素自給設備を設置するのは初めて。投資額は明らかにしていない。式典であいさ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り285文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン