/

この記事は会員限定です

米国のシリア攻撃展望は 米政策の不可測性に長短

強い指導力発揮は望めず 池内恵・東京大学准教授

[有料会員限定]

シリアのアサド政権がサリンなどの化学兵器を使用したとの疑いが濃厚となったことを受け、米トランプ政権は対シリア政策を転換し、シリアの空軍基地を攻撃した。シリア内戦の構図を変える可能性がある一方で、米ロ関係や北朝鮮問題を含む国際政治全体に大きな波紋を投げかけた。トランプ政権の外交政策の振れ幅の大きさも印象づけた。

本稿では米国の政策転換がもたらす当面の帰結と、攻撃の是非や正当性に関する議論を整理し、シ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2803文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン