/

この記事は会員限定です

「フェードル」

大竹しのぶ、声を多彩に操る

[有料会員限定]

フランス古典戯曲の傑作「フェードル」。義理の息子との不義の恋に落ちる情念の女は簡単な役ではないが、演出家・栗山民也が選んだ大竹しのぶは、その期待に応える演技を見せている。

地中海に面する古代ギリシャの街の王宮は、灰色の石壁に囲まれた殺風景な空間に玉座が置かれているのみ。下手には橋がかりが伸びる。

密通の噂の絶えない王テゼ(今井清隆)の息子イッポリット(平岳大)は、恋愛に嫌悪感を抱きながらも、叛逆(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り522文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン