/

この記事は会員限定です

知財関連知識、5段階で評価

知財教育財団が新テスト

[有料会員限定]

国家試験「知的財産管理技能検定」を実施する知的財産研究教育財団(東京・千代田)は知財関連の知識を問う新試験を創設し、8月6日に第1回を実施する。英語能力テスト「TOEIC」のようにスコアを上げるのを目指す試験で、企業や特許事務所などの人材育成に役立ててもらう。

新試験は「知的財産法学試験(通称・アイピー・ロー・テスト)」。特許、意匠、商標など産業財産権法、著作権法、不正競争防止法などの知識...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン