/

この記事は会員限定です

ロボット百景(7)付かず離れず 魚の群れ再現

[有料会員限定]

5台の車輪付きロボットが同じ距離を保ったまま移動する。手本は魚の群れだ。群れで泳ぐ魚は水流などを感じ取り、適度な距離を保って、進行方向を合わせるといわれる。工学院大学の高信英明教授らは、そんな魚の不思議な行動をロボットで再現しようと試みている。

各ロボットは8個の超音波センサーと、前後左右に自在に動ける車輪を備えている。センサーで周りのロボットとの距離を測り、隣のロボットと接近すると離れ、離れすぎ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り228文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン