/

この記事は会員限定です

景気 生産・輸出で底堅く

人手不足が制約要因 家計へ波及カギ

[有料会員限定]

2012年12月に始まった「アベノミクス景気」は、バブル期を超え戦後3番目の長さとなった。足元でも世界景気の回復を背景に生産や輸出が好調で、今後も底堅い回復が続く見通しだ。ただ家計への波及はいまひとつ。人手不足の問題が制約要因になる面も見えてきた。景気の現状を点検する。

「フル稼働続く」

JFEスチールの西日本製鉄所福山地区(広島県福山市)。一部品種を除き足元では「どの製鉄所もほぼフル稼働が続いて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2092文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン