「無煙」普及、競争激しく

2017/4/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

加熱式たばこが急速に普及している。火を使わないため煙などが出ず、においが少ないのも特徴だ。有害物質のタールを軽減できるなど健康面からも注目を集めており、日本で大手各社の競争が激しさを増している。

国内で先行するのがアイコスを販売する米フィリップ・モリス・インターナショナルだ。2016年に他社に先駆けて全国販売を始め、今年3月にはアイコスの新機種を発売。同社は将来、全ての紙巻きを加熱式に切り替える…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]