人口、2053年に1億人割れ
厚労省推計、50年後8808万人 働き手は4割減

2017/4/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は10日、長期的な日本の人口を予測した「将来推計人口」を公表した。1人の女性が生む子供の数が今と変わらない場合、人口は2053年に1億人を割り、65年には15年比3割減の8808万人になる。働き手の世代は4割減とさらに大きく減る見通しだ。政府が経済成長に必要とする1億人を保つのは難しく、政策は大きな見直しを迫られる。(関連記事総合2面に

将来推計人口は国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

訂正>11日付1面「人口、2053年に1億人割れ」の記事中、「日本福祉大」の小峰隆夫教授とあったのは「大正大」の誤りでした。(2017/4/11 22:11)

電子版トップ



[PR]