/

この記事は会員限定です

コープさっぽろ7%減益

前期経常、店舗事業の赤字拡大

[有料会員限定]

コープさっぽろの2016年度決算(16年3月21日~17年3月20日)は経常利益が前の年度比7%減の54億円となった。人手不足対策で人件費を増やしており、店舗事業の赤字幅が拡大した。商品を利用者宅まで配達する宅配事業は好調で、店舗の赤字を宅配で補う経営が続いている。

組合員数は前の年度末比5万8500人増の165万人、売上高は4%増の2777億円だった。既存店の改装を進め、生鮮品や総菜の品ぞろえを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り445文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン