/

この記事は会員限定です

電力自由化1年 家庭用、契約切り替え低調

大手と料金差小さく 各社、プラン拡充など販促

[有料会員限定]

2016年4月の電力小売り全面自由化から1年が過ぎた。静岡県内で家庭向け電力に参入した各社の出足は、大手電力と料金の差が小さかったことなどからやや低調。獲得顧客件数は静岡ガスが主に県中東部で約1万7000件、中部ガスを傘下に持つサーラコーポレーションが県西部を中心に約7000件だった。各社は料金プランの拡充や、ポイントを活用した割引をてこに顧客獲得を進める。

静ガスは当初目標の1万5000件を上回った。愛知県豊橋市や静岡県西部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り865文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン