文芸翻訳入門 藤井光編 技法の解説が伝える創造性

2017/4/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 外国文学の翻訳技法がテーマの入門書だが、翻訳家を目指す人はもちろん、小説の愛読者が読んでも面白い。

 文学作品の場合、「横のものを縦にする」式の単純な訳では不十分だ。原文のニュアンスをあやまたず伝え、日本語として違和感なく読める訳。さしあたりそれが「良い文芸翻訳」ということになる。

 逐語訳が主流の時代もあったが、現在は「(原文が)『言いたいこと』を汲(く)み取り、それを等身大の言葉で再現するべきだ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

藤井光翻訳家文芸翻訳翻訳

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 23:00
23日 22:30
東北 0:00
23日 23:00
関東 2:00
0:00
東京 23日 23:00
23日 23:00
信越 0:01
0:00
東海 2:00
2:00
北陸 2:00
1:30
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
2:00
23日 22:05

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報