/

この記事は会員限定です

欧米には声届ける仕組み

[有料会員限定]

少子高齢化による「シルバー民主主義」は先進国が共通して抱える課題だ。日本とは違い、欧米諸国では若者の声を国会に届ける仕組みが広がっている。

英国には全国から選出された11~18歳で構成する「若者国会」がある。年1回、下院議会の議場で会議を開き、若者議員が自らの意見を国会に届けるための「ロビー活動」の訓練も実施している。米国では大統領選の時期になると、若者の模擬選挙が盛んだ。模擬選挙の結果が実際の投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り639文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン