/

この記事は会員限定です

顧客本位の徹底、どこまで

積み立てNISA、対象絞る

[有料会員限定]

2018年に始まる積み立て型の少額投資非課税制度(NISA)の対象となる投資信託の条件が決まった。手数料をゼロにしたり、信託報酬を低くしたりしたため、今売っている投信で条件を満たすのは全体のわずか1%にとどまる見通しだ。金融庁が官主導の「価格破壊」をしかけている構図だが、裏を返せば日本の既存の投信の手数料が、いかに高いかを示しているともいえる。

積み立てNISAは、年間40万円までの投資から得ら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り671文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン