/

この記事は会員限定です

医療費適正化政策を考える(5)高価な医療技術、目白押し

慶応義塾大学教授 印南一路

[有料会員限定]

前回の医療費分析では医療技術の進歩については触れませんでした。医療技術が日々進歩しているのは明らかですが、それを示す良い指標が見当たらないのです。2012年までのデータを用いた筆者の分析でも入っていません。日本ではほとんどの医療技術に公定価格が付けられているのである程度コントロールされてきたとみていました。

しかし近年、超高額のC型肝炎治療薬や抗がん剤の登場により、この状況は一変しました。超高額薬...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り673文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン