/

この記事は会員限定です

ふるさと納税の是非(上)返礼品の経費 自ら公表を

税制優遇の縮小、段階的に 橋本恭之・関西大学教授 鈴木善充・近畿大学准教授

[有料会員限定]

高市早苗総務相は2月14日の記者会見で、ふるさと納税の見直しに言及した。返礼品のコストの割合が高い点、寄付が住民サービスに十分に活用されていない点、地域の運営に支障が出かねない点などを問題として挙げている。

表1はふるさと納税上位5自治体の返礼割合と総経費率の数値をみたものだ。返礼品の調達費用と送付費用を寄付受け入れ額で割ったものが返礼割合で、広報費用や事務費などの間接経費まで含めたものが総経費率...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2812文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン