2019年6月27日(木)

金融老年学のすすめ

2017/4/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本では、高齢化が投資家の行動に与える影響についての研究があまり進んでいない。米国には金融老年学(ファイナンシャル・ジェロントロジー)という研究分野がある。高齢者の投資行動、高齢化と経済全般についての研究である。

特に認知症と投資の関係は重要だ。日本の認知症患者は約500万人と推定され、2025年に700万人になるとされる。計算上は数十兆円から100兆円規模の金融資産が認知症の高齢者の財産になる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報