2019年3月20日(水)

企業統治改革の課題(中)真の経営トップ 明示を
大胆な事業転換に不可欠 齋藤卓爾・慶応義塾大学准教授

2017/4/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本企業の統治構造は近年大きく変化した。社外取締役は定着し、東証1部上場企業の97%が少なくとも1人、約8割は複数の独立社外取締役を選任している。株主構造に関しても、外国人機関投資家の持ち株比率が上昇しただけでなく、約4割の企業で3%以上の株式を保有する単独の機関投資家が存在している。

こうした統治構造の変化は企業統治の実態にも影響を与えていることをいくつかの研究は示している。筆者が早稲田大学の…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト