/

この記事は会員限定です

(Science&Techフラッシュ)神戸大学、ゲノム編集技術応用で受粉いらずのトマト

[有料会員限定]

神戸大学

 西田敬二教授らは遺伝子を自在に改変できるゲノム編集の最新技術を応用し、花粉がつかなくても実がなるトマトを開発した。受粉の手間がいらず、農作業の負担が減る。タネや接ぎ木などで同じ性質を次の世代に引き継げる。今後、より甘く、日持ちの良い品種づくりも目指す。

開発は筑波大学と名城大学も加わった。トマトは受粉しなくても実をつける能力があるが、通常はブレーキをかけている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り183文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン