/

この記事は会員限定です

フィリピン鉱山に閉鎖命令

過激な環境政策で混乱

[有料会員限定]

フィリピンのドゥテルテ政権が鉱山の閉鎖・操業停止を次々に命じ、波紋が広がっている。鉱業はフィリピンの主要産業の一つ。企業業績や雇用だけでなく、税収にも影響が及びかねない。政府内にも見直し論が浮上するなど足並みが乱れており、着地点は見えない。

閣僚の資格を審査する任命委員会は今月9日、ロペス環境資源相を承認するかどうかの結論を先送りした。フィリピンではヤサイ外相が米国市民権を巡る発言で不承認とされて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り788文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン