/

この記事は会員限定です

(働き方改革実行計画 ポイント解説)残業時間規制 罰則付きの上限設定

[有料会員限定]

残業時間の上限規制は、これまで青天井で延ばせた労働時間に罰則付きの上限を設けるもので、今までになかった新しい政策だ。罰則は数十万円程度の罰金や数カ月程度の懲役刑になる見通し。電通新入社員の過労自殺で注目を集めたが、企業が対策に乗り出す下地は整った。

残業時間は月45時間、年360時間を原則とする。その上でその時間内では対応できない場合、年720時間、単月100時間未満、2~6カ月平均で80時間以下の上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り227文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン