/

この記事は会員限定です

電通社員の母「残業100時間 納得できぬ」

政府計画、「一歩前進」評価の声も

[有料会員限定]

政府は28日の働き方改革実現会議で、残業時間の上限規制を罰則付きで導入することなどを柱とする実行計画をまとめた。過重労働が原因で亡くなった人の遺族ら関係者は様々な思いで受け止めた。(1面参照

2015年12月に過労自殺した電通の新入社員、高橋まつりさん(当時24)の母、幸美さん(54)はコメントを出し、実行計画が残業時間の上限を単月で100時間未満としたことについて「ほぼ100時間の労働を認める...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り309文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン