2018年10月21日(日)

教育無償化 群がる与野党 財源探し 不穏な風再び

2017/3/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

幼児期から小中学校、大学に至るまで家計に大きな負担を伴う教育費。この無償化をめざす動きが与野党に広がっている。有権者受けが良く、自民党などは憲法改正の対象項目にもなりうるとみる。同党内では約5兆円に上る財源探しの議論が本格的に始まったが、財政悪化の懸念もあり、着地点はみえない。

「誰もが希望すれば高校にも専修学校、大学にも進学できる環境を整えなければならない」。安倍晋三首相は1月の施政方針演説で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報