/

この記事は会員限定です

東京大学教授 早野龍五さん

福島の不安 科学で対峙(1)

[有料会員限定]
  東京大学の早野龍五教授(65)は、物理学者であるとともに、音楽教育「スズキ・メソード」で知られる才能教育研究会(長野県松本市)の会長だ。そして東日本大震災の直後から、東京電力福島第1原子力発電所事故による放射線の情報をインターネットで発信。以来、福島に関わり続けている。

震災翌日の12日午後2時22分、「Cs(セシウム)137が出す662キロ電子ボルトのガンマ線を確認したという意味か。福島第...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り850文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン