/

この記事は会員限定です

(Science&Techフラッシュ)白血病など発症関係 RNA2000種を特定

[有料会員限定]

理化学研究所

 オーストラリアのハリー・パーキンス医療研究所などと共同で、たんぱく質を作らないタイプのRNA(リボ核酸)のうち約2000種が病気の発症に関係していることを突き止めた。約2万8000種のRNAについて、ゲノム(全遺伝情報)上の位置や配列、細胞での働きなどを調べた。

RNAには、遺伝子情報からたんぱく質を作るのに重要な役割を果たすタイプと、たんぱく質の合成には関与せず働きがよくわか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り192文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン