2018年12月17日(月)

白血病など発症関係 RNA2000種を特定

2017/3/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

■理化学研究所 オーストラリアのハリー・パーキンス医療研究所などと共同で、たんぱく質を作らないタイプのRNA(リボ核酸)のうち約2000種が病気の発症に関係していることを突き止めた。約2万8000種のRNAについて、ゲノム(全遺伝情報)上の位置や配列、細胞での働きなどを調べた。

RNAには、遺伝子情報からたんぱく質を作るのに重要な役割を果たすタイプと、たんぱく質の合成には関与…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ロボ遠隔操作で月面建設を研究[有料会員限定]

2017/3/27付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報