/

この記事は会員限定です

科技政策にもの申す(1) 技術革新、「共鳴の場」必要

意欲高いベンチャー育てよ 京大教授 山口栄一氏

[有料会員限定]

日本の科学技術力の低下が叫ばれている。政府は科学技術をテコにイノベーション(技術革新)を起こして経済成長につなげる手立てを講ずるが、うまく機能していない。研究の現場の疲弊なども指摘される。今の政策のどこに問題があるのか。一家言ある識者に聞いた。1回目は日米のイノベーション創出の違いを研究する京都大学の山口栄一教授。

――世界を一変させるようなイノベーションが日本から生まれにくくなっています。

「既...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り927文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン