/

この記事は会員限定です

弁護士、NPO支援に力

契約書作成や労務管理、専門知識で社会貢献

[有料会員限定]

企業法務を専門とする弁護士が、契約書の作成や商標登録など専門スキルを生かし、NPOを支援する動きが広がっている。弁護士の公益活動は国選弁護人など刑事弁護や法律相談が主流だが、ビジネス分野の弁護士が得意分野の知識やノウハウで市民を支援する新しい形として注目される。

3月上旬、東京・大手町の大手法律事務所を、貧しい子どもの学習支援などに取り組むNPO法人「3Keys」(東京・新宿)のスタッフが訪れた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1089文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン