/

この記事は会員限定です

日本語学校在籍、留学生の3割

大学院抜き大学に迫る

[有料会員限定]

留学生を受け入れる国内の教育機関で日本語学校の存在感が高まっている。日本学生支援機構の2015年度外国人留学生在籍状況調査によると日本語学校に在籍する留学生は5万6317人と留学生全体の約3割を占めた。14年度より25%増えており、大学院を抜き、大学にも迫りつつある。(1面参照

留学生は全体として見ると13%増の20万8379人で、増加をけん引しているのは日本語学校だ。12年度(2万4092人)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り326文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン