/

この記事は会員限定です

保釈中に再び女性暴行

東京地裁、男に懲役4年6月判決

[有料会員限定]

大阪市内で強姦事件を起こし、一審で実刑判決を受けた後に保釈され、2週間後に再び別の女性を暴行したとして、新たに強姦と監禁の罪に問われた永井優輝被告(27)に東京地裁は21日、懲役4年6月(求刑懲役7年)の判決を言い渡した。

判決によると、昨年2月15日、下着の通信販売に使う写真のモデルを募集していると偽り、東京都内のホテル客室に20代女性を誘い込んで下着姿や全裸の写真を撮影。その後、暴行した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り225文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン