/

この記事は会員限定です

100万人の存在感

5年で6割増/留学生が労働力に

[有料会員限定]

日本で働く外国人の存在感が一段と増している。オフィスや店頭、工場や研究所などで活躍の場が広がり、日本の企業にとって、貴重な戦力になり始めた。外国人材100万人の素顔をデータで追いつつ、日本や地域経済への影響を探った。(1面参照

日本で働く外国人が、2016年に初めて100万人を超えた。厚生労働省の調査によると、16年10月末時点の外国人労働者は108万3769人。1年前より約2割、5年前より約...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り957文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン