/

この記事は会員限定です

機関投資家の行動規範改定 議決権行使を個別開示

利益相反の懸念払拭 6月の総会から適用へ

[有料会員限定]

企業の持続的成長を促すための機関投資家の行動規範「日本版スチュワードシップ・コード」の見直しが大詰めを迎えている。月内にまとまる改定案は、株主としての議決権行使と融資業務などとの利益相反を防ぐ仕組みづくりが柱になる。資産運用会社は個別議案への賛否の開示に踏み切るなど、顧客の利益に沿って行動する姿勢の明確化を急ぐ。

(太田明広)

「なぜ賛成なのか。同様のケースで別の会社では反対したのに、納得のいく説明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1790文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン