/

この記事は会員限定です

知的財産 IoT時代、要件見直し必要に

[有料会員限定]

▽…人の知的創造活動により生みだされ、財産的価値を持つ情報の総称。映画や音楽、小説などは著作権、発明技術は特許権、ブランドは商標権などとして、それぞれ法律に基づき保護される。権利を持つ個人や企業は独占的に利用できるほか、他者の利用を許諾して利用料を得たり、不正利用の差し止めを求めたりできる。

▽…知財と認められるには、著作権は作品の創作性、特許は発明の新規性など一定の要件が必要だ。不正競争防止法は営...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン