2018年1月19日(金)

アートで社会変えたい
芸術家と市民、協働プロセスが作品 3.11契機に広がる

2017/3/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 暴力、性差別、移民など社会が抱える問題に深く関わるアートの一形態「ソーシャリー・エンゲイジド・アート(SEA)」が注目されている。今年に入り、国内外のアーティストを招いた展覧会やシンポジウムが相次ぎ開かれた。アーティストと一般の人々が対話しながらプロジェクトを進め、社会の現状を変えようとする過程そのものを作品とみなすのが特徴だ。

 2月、東京都港区の笄(こうがい)小学校で4年生の子どもたち50人と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報