2018年10月18日(木)

ビッグデータの充実が後押し

2017/3/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ITを活用した創薬の試みが広がっているのは、ハードの高速化とAIなどのソフトの進化に加え、創薬の基礎となるビッグデータが充実し、計算で分かることが増えたためだ。

たんぱく質の立体構造を集めた国際的なデータベース「PDB」の登録数は、2016年現在で約13万個と、この10年間で3倍以上に膨らんだ。また次世代シーケンサーという装置の登場で遺伝子解読のコストが1万分の1に下がり、患者でどの遺伝子が働き…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報